マタニティ歯科・小児歯科

マタニティ歯科|志村坂上・志村三丁目の歯医者、板橋区志村坂上ゆき歯科医院では、妊婦さんの体調に合わせた治療をご提供いたします。

当院では、お子様が生まれる前からの虫歯予防もご提案致します。安定期に入ったら一度受診しましょう。

マタニティ歯科

これから生まれてくる
大切なお子様のためにできること
お母さんの歯周病が、早産や低体重児出産のリスクを高めることはご存知ですか? 歯周病の検査は定期的に受けられていますか?
歯周病は20代から増加し始め、30代では8割の方がかかっていると言われています。
特に妊娠中は女性ホルモンの影響で歯周病にかかりやすくなります。
これから生まれてくるお子さんのためにも、歯周病の検査を受けることが大切です。

ご家族みなさんの正しい知識が、お子さんの虫歯予防につながります。

「生まれたばかりの赤ちゃんの口の中は無菌だが、パパやママなど身近な大人から虫歯菌に感染してしまう」という話をご存知の方も多いと思います。
しかし、完璧に感染を防ぐことは難しいですし、かわいいお子さんとのスキンシップは必要ではないでしょうか。
重要なのは、子育てに関わる周りの大人のお口の環境をきれいにし、虫歯菌の数を減らしておくことです。
また、実際に虫歯になるかどうかは、生活習慣にも大きく左右されます。
なぜなら、虫歯菌は食べ物の糖分を分解して酸を作り、虫歯を引き起こすのですが、そもそも甘いものを口にしなかったり、きちんと歯磨きをしていれば、虫歯菌が虫歯を引き起こせないからです。
お子さんが生まれる前から虫歯予防の正しい知識を身につけるためにも、ぜひご家族で当院にご来院ください。
ご家族みなさんで「マイナス1才からの虫歯予防」を始めましょう。

当院では診療の中で妊婦さんに向けて様々なお話をしています

  • ・妊娠中のお口の状況について
  • ・マイナス1才(お子様が生まれる前)からはじめる虫歯予防
  • ・妊娠中の虫歯や歯周病について
  • ・授乳、離乳食の時から考えるお子様の歯並び

など

妊婦歯科検診

妊娠により女性ホルモンが急激に増加すると、歯周病原性細菌が増殖し、歯肉から出血したり炎症が起きたりしやすくなります。
歯周病にかかってしまうと、早産や低体重児出産へのリスクも高くなるため注意が必要です。

妊娠性歯肉炎
妊娠初期のホルモンバランスの崩れから、歯ぐきに出血や腫れが生じます。
妊娠性エプーリス
歯ぐきがコブのように大きく膨らんでしまう症状です。
虫歯・歯周病
つわりの影響などで、十分に歯磨きができないことがリスクを高めます。

また、つわりで歯磨きなどの口腔ケアが満足にできなくなったり、食の好みが変化したりすることで、虫歯のリスクが高くなることも少なくありません。
これらの症状は自分では気付きにくいため、安定期に入ってつわりがおさまったら、妊婦歯科検診を受けましょう。